石垣島星空、天の川、ナイトツアー

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

最終編集日時;
投稿日時;
-この記事をシェアする-

ここでしか見られない
石垣島絶景の星空を鑑賞しよう!

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

沖縄県の南西部に位置する石垣島は、沖縄県内でも屈指の人気観光スポットです。

石垣島には数多くの魅力がありますが、その中でも特に長所として挙げられるのが、星空の美しさです。北回帰線付近の北緯24度に位置している石垣島は、ジェット気流などの影響が少なく大気が安定しています。そのため、星の輝きが妨げられにくく、国内の他の土地では見られない数多くの星々を目にすることが可能です。

この記事では石垣島への観光旅行を検討されている方へ向けて、石垣島での星空観賞に関する関するさまざまな情報をご紹介いたします。

 

国内初の星空保護区がある

みなさまは、星空保護区をご存知でしょうか。

星空保護区とは、アメリカの民間団体である国際ダークスカイ協会が、光に遮られない暗く美しい夜空を保護・保存する取り組みをしている団体に対して行っている認定です。

2001年から始められた制度であり、日本国内では石垣島が初めての認定地となりました。実際、石垣島の星空は美しいことが特徴です。石垣島の中には発展した都市部もありますが、島の面積が広いことから街明かりが届かない場所が多く、いわゆる光害の悪影響がありません。

また、島内を走る車や稼働している工場が少ないことによって、夜空を遮るガスの量も非常に少ないことも、国内屈指の透明感溢れる夜空が広がっている理由だといえます。

 

石垣島で見ることができる星座

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

石垣島の星空の大きな特徴として挙げられるのが、見ることができる星座の数が非常に多いという点です。現在公式に認定されている星座は、世界共通で88種類となっています。

そんな星座は赤道によって隔てられた北半球、南半球のそれぞれで見られるものが異なっており、基本的には1ヵ所につき半分ほどの星座しか見ることができません。

しかし、石垣島は本州と比べて緯度が低く、北半球のものだけでなく、南半球の星座も季節によって目にすることができるのです。

特に南半球の星空を象徴する星座である南十字星を北半球で見られるのは石垣島だけだといわれており、季節によっては貴重な光景と出会うことができるでしょう。

 

星空のベストシーズンとは

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

石垣島に限らず、天体は季節の推移に沿って位置がずれていき、季節によって見られる星座が変わってくるのが特徴です。

もちろん石垣島では通年で美しい星空を目にすることができますが、その中でも見られる星座によって、ベストシーズンと呼ばれる時期があります。

石垣島で見られるさまざまな星座の中でも、目玉となるのが天の川と南十字星です。天の川を見るのであれば6月から8月、南十字星を見るのであれば1月から5月頃が適した時期となるでしょう。

また、ぜひ注目していただきたい面白い星として、秋冬にかけて見られるカノープスが挙げられます。赤い輝きを放つカノープスは南極老人星とも呼ばれ、この星を見ると長生きができるという中国の伝説があるほどに大変縁起の良い星なのです。秋冬の時期に石垣島を訪れるのならば、カノープスを探してみるのも面白いかもしれません。

また、星空を見る際には、石垣島が季節によって雨が多くなりがちな土地だという点を把握する必要があります。

11月から1月にかけての冬場は晴天率が大きく下がる傾向があり、曇天に遮られて星空を見ることができないというケースに直面してしまうかもしれません。

晴天率という観点で考えるならば、7月から10月の夏場が最も美しい星空と出会いやすい時期だといえるでしょう。ただし、夏場の石垣島は台風が襲来することも多く、星空観賞を目的に旅行に訪れるのであれば、長期予報などを細かくチェックしておきましょう。

 

星空が見れる時間

夕日と星空のサップ(ES-20)

石垣島は沖縄本島よりも遥か南西というその立地から、日没の時間が遅いのが特徴です。

最も日没が早くなる12月頃でも18時前後、日没が遅くなる7月頃には19時半前後であるため、星空が見られるのはそれ以降の時間と考えておきましょう。

日没までの時間が長いことは観光におけるメリットが大きく、ゆったりと観光を楽しんだ上で、余裕をもって星空観賞に臨みやすいのです。

また、石垣島は温暖な気候が特徴であり、遅い時間でも寒さを感じる場面がほとんどありません。年間を通して、安定した環境の下で星空観賞を楽しむことができるでしょう。

 

送迎ありのツアーも!
石垣島のおすすめ星空ツアー

石垣島で星空を見るためには、夜間に行動する必要があります。しかし、街中では見える星の数が大きく減ってしまい、街明かりのない場所で行動しようとすると土地勘のなさがネックになりがちです。

そこでおすすめなのが、石垣島で数多く開催されている星空ツアーへの参加です。ツアーに参加すれば現地の地理を知り尽くしたガイドの方の案内を受けて、夜の石垣島と美しい星空を複合的に楽しむことができます。

以下におすすめの星空ツアーを6つピックアップしたので、順にチェックしていきましょう。

 

ホテル送迎あり!星空撮影のプロが撮ってくれる!
おすすめ星空フォトツアー☆

【夜】星空&亜熱帯ジャングルナイトツアー!天然のプラネタリウム体験!

石垣島の星空は目にしたことで人生観が変わったと口にする方もいるほどの美しさを誇っており、その美景を写真に残して思い出にしたくなるところです。

しかし、一般的に星空を写真に撮ることは非常に困難だとされています。

スマートフォンカメラの性能では基本的に星空の光量を写真に収めることはできず、一眼レフカメラ、ミラーレス一眼レフカメラなどを使わなければ撮影は難しいです。加えて、カメラの各種機能、ISO感度の設定などを適切に駆使しなければ、写真撮影は極めて困難だといえるでしょう。

そんなお悩みにお応えできるのが、星空撮影のプロが写真を撮ってくれる星空フォトツアーです。ホテル送迎もあるため、土地勘のない石垣島で夜間に移動するのが不安な方でも心配がありません。

プロフェッショナルの手で撮られた最高の1枚は、きっと一生ものの旅の思い出となることでしょう。

 

三線の生ライブ付き★
『流れ星の丘』へ!星空鑑賞ツアー

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

石垣島は琉球王国からの長い歴史が脈々と受け継がれてきている島であり、沖縄県を代表するさまざまな文化に触れられる土地となっています。

そんな石垣島における音楽文化を代表する楽器として知られ、多くの人々から愛されているのが、三線(さんしん)です。

三線とは三味線のルーツとされている楽器であり、中国の三弦という楽器が沖縄に伝わって三線となり、それが大阪に伝わって三味線が生まれました。三線は蛇革が使用されているのが特徴で、犬革、猫革を使った三味線とはまた一味違った音色を楽しむことができます。

そんな三線の生ライブの演奏を聞き、流れ星の丘と呼ばれる最高の星空スポットを訪れることができるのが、こちらのツアーの特徴です。

流れ星の丘から見上げる星々は極めて美しく、運が良ければスポットの名前通りに流れ星を目にすることもできるでしょう。

 

当日予約OK!夜の石垣島を大満喫☆
人気の星空&亜熱帯ジャングルナイトツアー

ナイトツアー

石垣島は亜熱帯気候に属しており、島内の森林は本州のそれとは大きく様子が異なるジャングルのような様相を呈しています。石垣島のジャングルには亜熱帯ならではの動植物が数多く生息しており、夜を迎えるとその活動がひときわ活発さを増します。

鬱蒼とした森林の中に、旅行客の方が案内なしで踏み入れることはなかなか困難ですが、ジャングルナイトツアーに参加すれば安全にジャングルの環境を楽しむことが可能です。石垣島のジャングルは多くの未知と驚きに満ちていて、まさに探検といった雰囲気を満喫できることでしょう。

当日でも予約できる点が嬉しく、予定や天気などを鑑みながら参加を決めることができます。亜熱帯ジャングルナイトツアーと併せて星空を見上げれば、石垣島の夜を思う存分味わい尽くせること間違いなしです。

 

 当日予約OK!石垣島の夜の海を大冒険☆
星空&ナイトシーカヤックツアー

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

当日予約ができる石垣島の夜の海にカヤックで漕ぎ出すナイトシーカヤックツアーも、非常におすすめです。

カヤックとは1人、ないし2人で乗り込む小船の名称であり、パドルを使って船を操っていきます。

一見すると乗りこなすのが難しそうに思われがちですが、実際にはカヤックは安定性が高く、初心者の方でもすぐに慣れることが可能です。カヤックはその形状によって高い安定性と推進力を備えており、想像以上にすいすいと海面を進むことができるでしょう。

カヤックに乗船する際にはライフジャケットを着用するため、万が一水に落ちてしまっても泳ぎは必要なく、安全面にもしっかりと配慮がされています。

そんなカヤックで夜の海に漕ぎ出せば、幻想的な美しさと最高の探検気分を体験することができるでしょう。静かな夜の海面から見上げる石垣島の星空は、思わず絶句してしまうほどの美しさです。

 

【季節限定】ヤエヤマヒメボタル鑑賞ツアー

ホタル鑑賞ナイトツアー

ホタルといえば夏の風物詩ですが、石垣島をはじめとする八重山諸島に生息しているヤエヤマヒメボタルは活動する時期が少し異なります。

ヤエヤマヒメボタルは主に3月から6月に見られるホタルであり、春から梅雨の時期にかけて、水辺において美しい光を楽しむことができます。ヤエヤマヒメボタルは最も小さいホタルといわれており、そのささやかで可愛らしい輝きに魅了されて、リピーターになる方も少なくありません。

石垣島では多彩なヤエヤマヒメボタル鑑賞ツアーが行われており、都市部から近いバンナ公園でのツアーから、トレッキングを兼ねたツアーまで、多彩な選択肢を楽しめるでしょう。

石垣島ならではの生き物との触れ合いを通じて、よりディープに島の雰囲気を味わってみませんか?

 

【季節限定】サガリバナ鑑賞ツアー

【期間限定】一晩で散る幻の「一夜花」石垣島サガリバナ鑑賞ナイトツアー

石垣島における季節限定のツアーとしておすすめなのが、サガリバナという花の鑑賞と星空観賞を同時に楽しめるツアーです。サガリバナは別名で幻の花とも称されており、白や薄ピンクをした綿毛のような花を咲かせる美しい花です。

幻の花という別名は花が咲くタイミングに由来しており、6月から9月頃までの季節にかけて、日没から日の出までの時間帯にのみ花を咲かせます。その性質上、狙って見に行かなければなかなか目にすることができず、そのことからサガリバナは幻の花と呼ばれているのです。

石垣島にはそんなサガリバナが数多く自生しており、ナイトツアーに参加すれば現地ガイドの方の案内で、美しく開花したサガリバナを見ることができます。

星空観賞と併せて、とても貴重な植物であるサガリバナを鑑賞されてみてはいかがでしょうか。

 

石垣島でおすすめの星空スポット

石垣島での星空観賞にはツアーへの参加がおすすめと紹介させていただきましたが、他の予定との兼ね合いでツアー参加が難しいこともあるでしょう。

そんな時には、利用しやすく美しい星空を安定して見られる星空スポットを把握しておくことで、その他の予定と併せて星空観賞を味わうことができます。

以下に旅行中でも利用しやすい星空スポットを5ヶ所ピックアップしましたので、チェックしてみてください。

 

石垣島国立天文台

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

石垣島を代表する星空スポットとしてまず名前が挙がるのが、石垣島国立天文台です。

石垣島国立天文台は、自然科学研究機構 国立天文台、石垣市、石垣市教育委員会、NPO法人八重山星の会、沖縄県立石垣青少年の家、琉球大学の連携によって運営されています。

そのため、非常に整った観測体制が揃っており、天文台の中には九州・沖縄エリアで最大の口径105cmを備えた光学・赤外線反射式望遠鏡「むりかぶし望遠鏡」が配されています。

とても高度な天文学の研究が行われている場所ですが、同時に天文学の普及を目的としている建物でもあり、観光で気軽に訪れることも可能です。

石垣島から見える星々について詳しく丁寧に教えてもらうこともできるので、この場所で星の知識を仕入れた上で、星空を見上げてみるのが面白いかもしれません。

また、星空鑑賞を楽しんだ後で天文台を訪れて、気になった星について教えてもらうのも大変おすすめです。

 

 平久保灯台

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

平久保灯台は石垣島の最北端に位置しており、島内でも指折りの景勝地として知られています。灯台の近辺には牛の放牧地が広がっており、畜産の盛んな石垣島ならではの牧歌的な風景を目の当たりにすることができるでしょう。

灯台から臨む海にはサンゴ礁が群生しており、色鮮やかなブルーと白波のコントラストは絵画のような美しさで見る者を魅了します。そんな平久保灯台は、夜になると絶好の星空観賞スポットへと様変わりします。

最北端なだけあって都市部からは少し距離がありますが、レンタカーで移動するのであれば、無料駐車場が用意されているため、安心してアクセスできるでしょう。

 

 玉取崎展望台

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

玉取崎展望台も、石垣島の誇る景勝地の中でも星空観賞におすすめのスポットです。島内東部にある玉取崎展望台は新石垣空港から車で20分ほどの位置にあり、石垣島の青く輝く海を一望することができます。

展望台から望める平久保半島はその形状から「シーサーのしっぽ」とも呼ばれており、周辺の遊歩道に咲いた南国の花々を含めた情景は、南国情緒に溢れたものだといえるでしょう。

そして、夜を迎えると、玉取崎展望台からは一面に広がる美しい星々を目にすることができ、街明かりから離れたその輝きは忘れがたい思い出となるでしょう。

こちらは平久保灯台よりも広い無料駐車場が用意されており、よりアクセスしやすいスポットとなっています。

 

川平湾

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

石垣島の中で随一の観光名所として、国内外から多くの人々が足を運ぶのが川平湾です。

川平湾は、ミシュランが発行している旅行ガイド、ミシュラングリーンガイドで星3つの評価を得た観光名所であり、静謐なムードを湛えた美しい湾を目にすることができます。

潮流と船の運航の関係で海水浴を楽しむことこそできませんが、シュノーケリングなどのアクティビティは盛んに行われており、人気の高いスポットです。海水浴ができないことによって海の環境が美しく保たれているという面もあり、石垣島を訪れるのであれば、一度は足を運んでほしい場所だといえるでしょう。

そんな川平湾は豊かな自然が保たれていることから、湾に面したエリアのどこからでも最高の星空を見上げることができるのが特徴です。

川平湾のロケーションを味わい、数々のアクティビティを満喫した上で夜を迎えて、そのまま星空観賞を堪能するというプランも大変おすすめです。

 

 バンナ公園

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

バンナ公園は石垣島の市街地から約4kmの位置にある公園で、標高230mの山に位置しているのが特徴です。

市街地からすぐにアクセスできる立地でありながら、標高の関係で街明かりの影響を受けにくく、気軽に足を運びやすい星空スポットとなっています。公園内の設備も整っていて環境も良いことから、お子様連れの旅行などでも安心して星空観賞を楽しめる点が大きなメリットです。

バンナ公園は、前述したヤエヤマヒメボタルが生息しているスポットでもあり、シーズンであれば星空と併せて鑑賞することもできるでしょう。

また、バンナ公園からは石垣島の都市部の夜景を見ることもできるため、文明と自然、両方の輝きを同時に見られる特異な魅力を味わうことができます。

 

レンタカーを利用して星空鑑賞に行こう!

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

星空を観賞するためには必然的に夜間の移動が必要となりますが、石垣島は遅い時間になると公共交通機関の利用が難しくなってしまいます。そのため、送迎付きのツアーを利用する場合を除くと、レンタカーの利用が大変おすすめの選択肢となってきます。

予算を気にしないのであればタクシーで移動することも可能ですが、小回りが利きやすいという点を含めて考えると、基本的にはレンタカーを利用されるのがおすすめです。

石垣島では観光ハイシーズンの夏場などにはレンタカーの予約が争奪戦となり、早めに予約しておかなければ車を確保できないというケースが出てきます。

星空観賞を満喫したい場合は特に、レンタカーを早めに予約しておくことを心がけましょう。

 

まとめ

【日本初の星空保護区誕生】石垣島でおすすめの星空ツアーに参加しよう!

今回は石垣島観光の中から、星空観賞に焦点を当ててご紹介させていただきました。

石垣島ではさまざまなマリンアクティビティを楽しむことができますが、それ以外に星空鑑賞も非常に多くの魅力があります。世界からも高い評価を受けている石垣島の星空に、ぜひ目を向けていただければ嬉しく思います。

この記事がみなさまの石垣島旅行の参考になれば幸いです。

-この記事をシェアする-
エスコート石垣編集部

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、エスコート石垣から連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

-この記事をシェアする-
-この記事をシェアする-